ゲーム攻略まとめ

ゲーム情報、ゲームをプレイした攻略、感想などをブログ公開してます。それと日々の出来事やニュースなどの雑談記事。

ストーリー短めだったな…ハッピーホームデザイナーの感想

いやー、最近はめっさ暑い…。
朝起きると汗だくで目が覚めるのがどこか気持ち悪いですね。
お盆になったので車がやや込んでる気がしますが、私に至っては3DSで
ハッピーホームデザイナーをプレイしまくっている状況が多い。


ストーリーボリュームは1日・2日もあれば攻略できそうな薄さだったので、
基本的にエンディングを見れば納得して辞めるゲームではなくて、
残りの住民の家作りに励む感じのゲームだったという感じでした。
機能的なものは通信講座を受けて拡張していく流れなので、
早めにオプションを解除していったほうが作りやすかったが、
そこまで多くもない仕様だったし先にやっとくのが吉かね。


壁紙をかえたり、ラグを敷いたりと初めはどこか新鮮すら感じたが、
だんだんと似たような希望イメージが出されたりすると少し作業感もあって
だるくなってくるとこもあるな。基本的にやることは家や施設を完成させたら
あとは写真撮影してSNSにでも投稿すっかぐらいのノリなので、
何度も繰り返し続くひたすら家作りの流れが飽きてくる人も多いのかな。


まあゲームソフトの値段はそう高くもないので損をしたという気はしないが、
別売りのamiiboカードのコンプに金がかかるかと思っていたけども、
もともとアミーボカードがなくともガッツリ遊べるゲームだったので、
そこまで無理して買うこともないゲームだった。
となるとSPカードを揃えるまでがやや大変な気がするか・・・


9月配信のツクッターとかは、そんなの初めから入れておけよw
と思ったけど、製品版発売前に間に合わなかったんだろうな。
任天堂はどうぶつの森シリーズは出せば売れるとふんだんだろうか。
つっても1枚あたり100円のアミーボは任天堂側にいくら利益になってんだか。

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

そろそろ、また何かのゲームで遊んでみるかと考えていると
来週発売される任天堂から発売されるどうぶつの森シリーズの3DSゲーム・
どうぶつの森ハッピーホームデザイナーでも遊んでみるかとネットショップに予約する。
どうぶつうの森といえばスローライフ的なゲームという印象があるが、
ハッピーホームデザイナーでは家づくりがメインになっているゲームです。


たぬきちが運営している不動産会社の新入社員として働くことになるストーリーで、
基本的なインテリアコーディネートの知識を学びながら進めていくゲームのようだ。
家具を配置して完成した家で記念写真を撮るといった一連の流れになりそうで、
まあ何かを作る系統のゲームの醍醐味といえばそこらあたりになるのかもしれませんね。


動物の家の他にも公共施設を手掛けることになるとかで、
少し広い面積でチャレンジできるようなシステムだった。
そもそも家具とか壁紙の初期の種類がどのくらいなのかが気になるところではあるが、
何人の家まで作れるのかがもっとも気になるところかな。



別売りのアミーボカードを使えば家具の受け渡しや、カードに描かれている動物を
招いて写真撮影ができるメリットなどがあるようだが、
現在は非常に品薄状態なので、そもそも店にアミーボカードが売ってねえじゃんかよ!
とクレームが多々寄せられることは間違いないだろうと思ったわw


なんにしても作る系統のゲームは触った感覚が手にシックリくるかどうかで
長続きする人とすぐに飽きてしまう人とで別れそうですね。
息の長いどうぶつの森シリーズではあったが、今作は家造りに特化した内容なので
一般受けするかどうか気になるところです。
でも、一応50万本出荷するとか任天堂が公表してたっけな~

映画館の進化? 4DXデジタルシアター

4DXデジタルシアターとは、ずいぶん聞きなれない言葉だなと調べてみると、
世の中は4D映画というものに注目を集めている時代なんだな。
3Dならともかく4Dってのはどういう感じなんだ?と疑問に抱くものだが、
一言でいえばアトラクションのような映画館だそうな・・・


映画を見ていると、映画の映像に合わせてイスが動きたり、
風が吹いて観覧者にあたったり、匂いまでもが体感することができるとか、
水まで出るそうだから服が濡れる心配もありますw
まさに映画の世界にいる感覚を少しでも味わえるように工夫されています。


実に映画館も進化したもんだな。私も一度は体感してみたいものだと思ったが、
日本では2015年7月より一部の地域で上映されそうです。
放送映画は進撃の巨人やスター・ウォーズ、ターミネーター、ジュラシックワールド、
ミッションインポッシブルなどまだまだ少数である。


値段はいくらするのか気になるところですが、2D上映で大人料金が2800円、
3D上映で3200円で見れるのだとか。
映画館というと人がガラガラ空き状態のときもあるけど・・・
コスト的にこの値段で経営していけるものなのかが気になるところだ。
一部の都会でしか4DXデジタルシアターが導入されないぽいので、
地方に導入される時期は長いこと無いんだろうな。

ギリシャ人って働いてるの?金融支援延長を拒否される

最近ニュースではギリシャでは深刻な金融危機が起きているとか
テレビで目にすることが多くなりましたが、ギリシャは破綻しかねない状況だろうか。


今日見たニュースでは食べ物を買うお金が無い人もいるとか報道してたが、
「えっ!?そんなに金無いって、ギリシャ人って一体何やってんの?働いてんの?」
と不思議に思い調べてみたところ、ギリシャ人の1日の様子を示す
国内事情の円グラフを見つけた。おそらく昼間のニュースか何かのやつだろ。


仕事時間は6時間。就寝時間は8時間に加えて昼寝に2時間もとっているのか・・・
しかも長い休日とかもあるそうだから、そりゃ崩壊するんじゃね?と思ったよw
なんつーか、ぐうたらしすぎじゃね? 昼食に2時間もかけるなよとwww



逆に日本人は、働きすぎな印象が世界から見てあるそうです。
残業や休日出勤は当たり前みたいな流れになってる会社もあるし、
外国人からしたら信じられない光景なのだろう。


それでも日本の国の借金はギリシャ並にヤバいそうだから、
日本も笑ってられる状況でもないけどね・・・
先人のツケが未来に生きる人にのしかかる訳だから、たまったもんじゃないよな。
消費税も値上がりだけして、どうせ下げる気ゼロだろうし不況の波はいつまで続くやら。

FF15の体験版を遊びつくす!


スクウェア・エニックスのFF15の体験版が配信されてから、
しばらくやり込んでいたが、大体攻略を終えたのだろうか。
体験版で遊べる範囲というのは全部やったかと思う。


今作のバトルはアクションゲームなので、一応FFでは初となるらしい。
巨大なモンスターのベヒーモスやカトブレパスと戦うことができるので、
体験版のエピソード・ダスカはDL体験版の中ではガッツリ遊べた内容だろうか。

連携攻撃やクロスリンク、ファントムソードによる攻撃が強かったが、
大型モンスターに至ってはファントムソード召喚からのシフトブレイクばかりだったので
ここら辺りの仕様が改善されないかと思う次第でもある。
とはいっても、ターゲットの合わせづらさの方が問題だと感じることが多いかな・・・



一応エピソード・ダスカVer2.0でターゲットやらターゲットロックは改善されたみたいな
ことがツラツラとアップデートに書いてあったが、あんまし改善された気がしない。

カメラアングルを動かしたときに、ノクティスの動きが見えやすくなったというか、
バトルだとカメラが少し後ろへ引くので、そこら辺りは評価したいが
ターゲットの合わせづらいのではあまり意味がない気がするのだ。


まあ基本はキャンプで料理を食べてドーピングして、雑魚やボスと戦う流れなので、
バトルではアビリティを多用したバトル展開になるのだと思う。
ファントムソードはどこら辺りまで強くするのか分からないが、
本数により動きが変わるのだとしたら、早い時期から集めたほうが得だね。


アップデートによりドッジロールなどの新たな回避移動が加わったので、
だいぶFF15のバトルも遊びやすくはなってきたが、今ひとつと感じるのは
やっぱ大型モンスターでターゲットがしにくい点とファントムソードからの
シフトブレイクばかりだからだと思うっす。まあ製品版では改良されてそうかー