ゲーム攻略まとめ

ゲーム情報、ゲームをプレイした攻略、感想などをブログ公開してます。それと日々の出来事やニュースなどの雑談記事。

龍が如くオンライン

2018年内に配信を予定している龍が如くオンライン。龍が如くシリーズも桐生一馬の伝説は終わり、新しく春日一番という男が主人公になる。その第一作目が龍が如くオンラインとなりますが、ハードはPC・スマートフォンで配信されます。基本は無料プレイ可能で、一部課金要素のある、よくあるスマホゲームのような作りのゲームです。


東京ゲームショウ2018で、龍が如くオンラインがどんな感じのゲームなのか横山氏や堀井氏が語ってましたが、一言でいえば過去の龍が如くシリーズに登場したキャラクターを含めたオールスター的な内容でした。春日一番の独自ストーリーは別に用意されてあって、キャラクターがオールスターで登場するタイプのやつ。


キャラクターはカード化されていて、デッキを組んでバトルで戦わせる感じで、従来からあったアクションバトルではない。たぶんターン制の何かだと思う。一応は武器を使ったり、ヒートアクションが存在しているみたいですが、タッチして遊ぶ系統のシステムでした。そしてある条件を満たせば、そのキャラクターの裏シナリオを閲覧できる仕様。


あとはミニゲーム的な街遊び要素は、キャバクラでキャバ嬢と会話したり、まだよく分からない都市派遣というシステムが用意されているくらいだった。キャバクラは従来からあったタイプのように、三択ほどある会話を選んで、キャバ嬢の好感度を上げていくタイプの内容で、横山氏の意見からすると結構なボリュームになっているんだとか。


といってもプレイチケットがないと遊べないそうで、それは課金で購入できるものでもなければ、自力で入手しなければいけないアイテムらしいので、攻略するのに結構時間かかってしまうのかな・・・という印象でした。


あとは新しく神室町のゆるキャラとかいうカムロップなども紹介していたが、ゲーム要素的な部分は、とくに新しき要素はあまりないかな。あとはガチャ要素とかあるみただけど、たぶんカード集めで金使ったり、スタミナチャージ系アイテムなのでは?という気がするので、無課金でどこまで遊べるゲームなのかが気になるところですね。


基本的にスマホゲームは金使ってようやく、遊べるゲームみたいな感じだったりするので、重課金でプレイするのをやめていく人多いという印象があるな・・・


あ、それと龍が如くオンラインはアプリゲームですが、春日一番が主人公にした家庭用ゲーム機版の新・龍が如くは別に発売されます。そちらの方はストーリーはあくまで序盤だけ同じ物語で、家庭用版は独自のストーリー展開で進めれる内容なんだとか。

レッドデッドリデンプション2【RDR2】

来月に発売されるレッドデッドリデンプション2。ロックスターゲームスの作品です。アメリカの広大な大地を、そ馬で駆け巡る。前作のジョン・マーストンの時代背景から10年前の物語のストーリーですのでダッチギャングが活躍する構成となっている。時代は西部開拓時代の終盤あたりで、ギャングや無法者たちにとって苦しい時代となっているようだ。


レッドデッドリデンプション2のアーサー・モーガンが今作の主人公。ダッチギャングに所属しているキャラクターです。無法者なので法執行官に終われている状況で、さらに賞金稼ぎから狙われているため、無法者の時代が終わりを迎えようとしているのだという。


今作で真新しいシステムといえばキャンプシステムかな。食事の支度を行ったり、睡眠・雑務などギャングメンバーと手分けして作業を分担するぽい。なんつーか拠点のような存在で、あちこちに移住しながら仲間たちと過ごしていくのだろう。


食料集めとかもする必要があるらしくて、森とかで野生動物を狩って肉を調達するらしい。前作でも狩りの要素はあったけど、ただ毛皮とか売るだけの要素だったので、キャンプで食すことでチームをヤル気を上げれるようになったんだとか。馬とは絆を深めて操作しやすくなったり、交流システムで選択肢選びが可能になったようです。


あとはオンライン対応らしいが今のところはとく情報公開がないな。来月あたりにでも発表するのだろうか?前作ではランク上げとオープンワールドでミニゲームを遊ぶ内容だったので、アクティビティーが充実していれば楽しめそうかな。


GTAオンラインとは連動した武器調達とかキャンペーンを行っていたが、ああいった要素を出しすぎてもいろいろと困りますね・・・。とりあえずダブルアクションリボルバーと石斧は入手できたけど、ソーシャルクラブで紐づけして武器が届くのだろうか?

FF15ロイヤルを遊んだ感想

最近はまるっきりPS4ばかり起動したいるような気がする今日この頃だが、2018年3月6日に配信されたばかりのFF15ロイヤルを遊んでみた。FF15ロイヤルは本編のDLCにあたるものなので、追加配信分だけの値段(2000円+税金)になります。また本編とセットのロイヤルエディションなども発売されました。


FF15ロイヤルで追加されたのは真・ファントムソード、クルーザー、インソムニア拡張、アーカイブ収集、FPSモード、トロフィー、その他クエスト関連です。大幅に拡張されたという感じでもなく、広く浅く拡張されたといった感じでしょうか。


メインクエストはチャプター14が新しく更新された程度で、ケルベロス、オメガ、歴代の王たちと戦えるようになっておりました。オメガとか懐かしいですが、相変わらずファイナルファンタジーシリーズにおいては強敵といった強さを誇り、初見で戦ったりすると結構長い時間戦ったりすることがあります。ケルベロスと歴代の王に関してはアッサリと倒すことができたので通常のボスクラスかなと。


真・ファントムソードは、とくに集めるために何かイベントをこなすといった感じではなく、すでにファントムソードは全部集めていたので、キカトリークの入り口付近で簡単に入手することができました。まぁ手っ取り早いので初めに入手するといい感じでしょうか。


クルーザーで海をのほほんと満喫していたが、サブクエストがまばらに配置されて、クルーザー上で海釣りができるようになった。カダベルバスを釣るのが難しくて、途中で投げそうになったが、昔の感覚を取り戻して何とか釣れました(汗)


あとはビスマルクという巨大なクジラが泳いでいるので、サブクエストでビスマルクを見る内容のものが用意されてました。海上でできることは思ったほど少なかったというのが印象だろうか。釣り以外にも何か用意されていればよかったかと思える内容でしたが、今後のアップデートを考慮した作り方なんだろう?


サブクエストではレガリアTYPE-Dを得る内容のものが追加されており、最後はラリーレイドというレース風のコースでレガリアTYPE-Dを走らせる内容が3コース用意されてた。感想としてはめちゃくちゃ簡単だったような。それよりPC版のFF15だとコースを自作したりできるのかな。なんかソレっぽい雰囲気がするな。


最後はアーカイブ収集に追われたが、こちらはチャプターセレクトにて集めることになるので大変だった。そもそもFF15なんぞ攻略済みの方々が多いわけですから、チャプター選択でコンプリートできるようにしているのは論外だと思えるんだよな。FF15ロイヤルはもともと無料配信するアップデートを詰め込み、それを有料販売したような雰囲気がする内容だったのが残念でした。

北斗が如くの体験版を遊んでみた!

2018年3月8日には北斗が如くが発売される。PS4専用ソフトでセガゲームスによるゲームです。それに先駆けて先週から北斗が如くの体験版も配信されたので軽く遊んでみた。まぁゲーム発売前に毎度体験版をプレイする機会があるというのは有難い話だ。


ゲームの内容はコミックで人気な北斗の拳と龍が如くをコラボーレーションさせたゲームで、ベースは北斗の拳です。ゲームタイトル名が二つを合わせたようなおかしな名前になっているのはそのためです。北斗の拳とは実に懐かしい限りだな。


奇跡の街エデンでは歓楽街のようになっており、都会というほどの広さはないが、北斗の拳の世界観においては都会のようで、奇跡の街と呼ばれる所以は水とか電気の資源が豊富にあることから、そのような名前で呼ばれているみたいです。まぁ北斗の拳では水とかめっちゃ貴重な資源だったので、それが無限に出るとなるとそりゃ人が集まって当然といえます。


エデンの外は砂漠のような広い荒野が続いており、車のバギーに乗って探索するような広さ!まぁ味気ない風景が続きますが、モヒカンとか悪党どもが荒野を徘徊していて、バギーと衝突するとエンカウトバトルになる仕様でした。いずれにしても荒野では何か旧遺品のようなものを発掘するようで、それによってミニゲームなども増えていくような内容のようです。


プレイスポットでのミニゲームはほとんど遊べませんが、そちらは製品版でお楽しみくださいといった感じの説明が流れるだけでした。でも一応バギーレースくらいならプレイすることができます。他はどこへ行ってもプレイできなかった。


北斗が如くの体験版を遊んだ感想は、龍が如くよりはバトルではよりコンボを入れれるようになった感じだった。敵を空中に打ち上げてからの攻撃だったり、ボス戦のシンとの争いにおいては、ある程度殴ってから秘孔を突き、そして北斗神拳奥義を叩き込むことが基本になっていた。奥義においてはQTEが基本になっていのが残念。いい加減ボタン連打系は廃止にしてほしい気もしますね・・・


龍が如く極2の体験版を遊んでみた

12月7日にはPS4専用ソフトの龍が如く極2が発売される。
それに先駆けてすでに龍が如く極2の体験版が配信されているので、一通り遊んでみました。体験版は本編の一部を切り出したもので、ストーリー第2章を少しだけ体験プレイできるようになっていた。


舞台は大阪・蒼天堀。ドラゴンエンジンで作られたそうで、もともと繁華街としてにぎわっていたが、さらに煌びやかなネオン街が、よりリアルになったといった感じですかね。もっともシームレスに建物に入ったり、バトルが開始される点が龍が如く2からの大きな改良点だと言えます。


ストーリーは短めで郷田龍司と会えば終了する感じなので、それまでに飲食店に入てみたり、サブストーリーを遊んでみたり、プレイスポットで軽くミニゲームを遊ぶことくらいならできました。


能力習得系は体験版なので、最初から解放されている能力しか使えず、製品版から使用できるような流れだった。UI周りは龍が如く6のときのような操作感覚だったが、当時はまだスマホが無かったためか、スマホ画面に表示されるUIではなかった。


武器は最初からある程度持っていて、いろいろと攻撃できるようだ。小一時間街をぶらつけば体験版は遊びつくせるボリュームといった感じだな。横堀ゴルフセンターとか龍が如く2世代にはなかった気がする。